大人にこそ似合うボブのインナーカラーは隠すこともできる2wayスタイルがオススメ

こんにちは。

渋谷にあるシンプルなインテリアの
大人の美容室、パーセントで

店長をしている北島です。

大人にこそ似合うユニセックスで
品のあるスタイルを提案しています。

早速ですが、今回のテーマはこちら。

大人に似合うボブのインナーカラー

インナーカラーの入れ方、見せ方
色々あるけれど

なんか若い子の原色っぽい派手な髪
って印象、ありませんか?

色以外にも
入れ方も工夫することで
大人にも似合う上品で
センスのいいインナーカラーも
できますよ。という紹介です。

 というわけで、本日のお客様

オーダーはこちら

・インナーカラーをしてみたい
・バッサリボブにしたい
・派手すぎないオシャレな感じがいい
・あとはお任せで、いい感じに

とのこと

インナーカラーって検索すると。

インナーカラーというだけあって
髪の内側を別な色に染める

そんなデザインです。

もちろん黒髪×ブラウンでもいいけれど
ブリーチしてはっきりコントラストを
つけている場合が多いことも特徴

さて、ネットの画像検索でよく見かけるのが

髪の内側をフェイスラインまで
しっかりブリーチして
かぶってくる上の髪は耳に
かけ、中のブリーチ部分を見せる
といったもの。

ですが今回のテーマは
何と言っても

【大人の似合わせ】

こういう時に大切にしているのが

デザインはしっかりと見せること。
そして主張しすぎないこと。
です。

例えば耳にかけたとき
お顔まわりの生え際からガッツリ金髪とか
なのって、可愛いには可愛いけど
大人にはちょっと強すぎません?

インナーカラーはやりたいけど
ワルっぽくなるのはイヤ。
当たり前ですよね。

大人には大人のための
上品で綺麗なブリーチがあるはず。

そこで今回選んだのが

耳の後ろまでブリーチ×こめかみは染めない。

耳周りに集中したブリーチ
こんな染め方がポイントです。

こうすることで
耳にかけたとき前から見える髪や
お顔まわりのデザインに
アクセントが。

まぇ、百聞は一見にしかず

というわけで仕上がりです。

パッと見の印象は
シンプルなボブスタイル

おろしてると綺麗なラインで
丸みのある
パシッとスタイルです。

全部耳にかけると
耳の後ろからハイライトが

そう、こういう見え方。
顔まわり金髪ドーンじゃなく
あくまでもサラッと

だけど耳の後ろには
ピンポイントにデザインが
しっかりハッキリ。

大人でも似合うコツは
耳の後ろまでブリーチ×こめかみは染めない。

こうすることで耳にかけたとき
主張しすぎないけれど

google検索に出てくるような
インナーカラーとは少し違った
凛とした大人のデザインに。

スタイリングは意外と大事

さて、ボブのスタイリング

スタイルの特性上、正直いうと
ブローなし、スタイリング剤なしでも
乾かせばバシッと決まる、まとまるなのだけど

やっぱり何かつけてあげて
ツヤ感を出してあげると全然違います。

スタイル自体の格好良さ、オシャレさが
あるので、何もつけないでいるよりは

ここは是非とも軽くで良いから
何かつけて欲しいなと思います。

オススメはこちら

NAKANO STYLING WAX 1C/¥1,480

このスタイリングワックス
髪にも肌にも使えるタイプの
ハンドクリームのようなもの

ベタつかないでツヤとまとまりが
感じられるので、あまり髪には
何もつけたくないという方でも
トリートメント感覚で使えます。

詳細はこちらから

PERCENT ONLINE SHOP

S t y l e   a r r a n g e

というわけで、ボブの
インナーカラー。

自分の中で決めた今回のテーマは
『大人のインナーカラー』

デザインはしっかりと見せること。
そして主張しすぎないこと。

人とは少し違った
大人のインナーカラーを
やって見たい方には
こんなやり方がオススメですよ。

ちなみに一番のコツは
思い切ってしっかりブリーチすること

半端に赤みが残るとワルっぽく見えるので
大人のブリーチこそ
ペールトーンの上品な色の方が
似合うし綺麗ですよ。

ではでは。

Stylist

  • 北島 蓉平