髪のお悩み 根本からすかれすぎた時の解決、対処法。どーして良いか分からないお客様。

他の梳かれすぎてしまった方の記事もよかったら参考になさってください。

case1
根元から梳かれすぎてしまったけどあまり切りたくない お客様

LINEで事前に状態を画像でみせていただいてもなかなかひどい状態で

見返されたときにまたやな気持ちにもなるのでLINEでの画像は割愛しますが

来店されるときも

結ばないと外に出なくないくらいの気持ちが

辛そうで(泣)

髪の状態を実際に見てみる

ご来店されてまずは髪の状態をチェックします。

全体に根元1~2cmの部分からセニングが入っていて

毛先に関してはこの状態です。

トップの方まで根元からがっさり梳かれている状態。

いたるところに短い根元から梳いた毛が…

本当に全体に入っているので結んでも立ち上がる毛が出てしまいます。

長さをあまり切らすに解決する方法とは

根元から梳かれてしまっている人に共通する

注意点は

根元の短くされてしまった毛は

必ず立ち上がって膨らんでくる

ということです。

根元が立ち上がってきてボリュームが出るのに

毛先はペラペラなままなので

この緑の線のように

だんだんと四角くなってきてしまいます。

それを踏またうえでの解決法として

1.パーマでボリュームのあるスタイルにする

少し上の方からパーマをかけて

毛先とトップにボリュームをだして

根元の立ち上がりで四角くなるのをごまかしながら

根元が伸びるのを待つ方法。

それでも毛先のペラペラは完全になくなるわけではないので

根元の厚みとの差をなくすために少しずつ

毛先を伸びた分切って時間をかけて

戻していきます。

2.根元のボリュームの出る部分を縮毛矯正で強引につぶす方法

根元の立ち上がってしまう部分を縮毛矯正で強引に

つぶしていくことで伸びてきてボリュームが

出るのを抑えます。

ただ伸びてきたらまた根元を少し抑えてと

しばらくは繰り返すので

お金と時間はかかります。

ただ絶対的な基本として

両方ともごまかすための施術ではあるので

確実に切って厚みを出す方が根元との差がなくなるという解決を

していくのは早いです。

さて今回の解決法は

やはりあまり切りたくないという気持ちが強かったので

根元を矯正でつぶす方法で行くことに。

最低限切ってもよい長さだけ妥協していただき、

カットにもコツや裏技はあるのですがそこは割愛。

しっかりと根元の立ち上がりに負けないようにカット。

アイロンもなるべく根元をつぶすように入れて毛羽立ちを足るべく出さないように。

さて完成は

毛羽だっていた部分や

根元が立ち上がってきていたボリュームが収まって

扱いやすくなったかなと

なによりご本人も満足していただけたようで

何よりです。

ただ根元との差がなくなっているわけではないので

これから時間をかけてもっと

まとまるようにしていく時間は必要です。

case2 
梳かれすぎの髪に丸みをつけたいお客様

LINEから梳かれすぎてしまっている新規のお客様。

といったやり取りで事前のカウンセリングをしてからのご来店です。

ご来店してからまずは髪の状態を見てみる

いたるところにセニングで削ぎの跡が…

前に至ってはほぼ毛がないです。

梳かれすぎてるところを少し切れば変わるのは間違いです

髪の毛は少しずづ

一つのパネルを丁寧に切ってその集まりで

毛先の流れ、動き、厚み、質感

を出すものです。

なので少し毛先を切ったくらいでは

毛先の動きをまとめる事はできません。

今回は

最低限のカットで切っても

納得できる長さを

相談しながら

とりあえず

納得できる長さであら切りでカットさせていただきました。

長さを15センチ以上切っても

過度に梳かれすぎてしまっている髪は

15センチ切ろうが

スカスカなものはスカスカです。

この場合は

カットでできる裏技的なごまかしと

薬を使って丸みを出す方法を合わせて解決していきます。

丸みを出すことで少し見た目的に厚みを感じることができるので

あまり長さを切りたくないときにごまかす方法としてはとても有効です。

(もちろん薬剤の知識や熱を使って曲げれる技術も本当に必要です)

もちろん切るのが一番解決には早いのですが、もちろん切りたくない気持ちも

分りますので色々説明したりメリット、デメリットを話しながら

決めるのがとても大切です。

さて完成は

少し丸みを出すことで毛先の

スカスカ感は大分まとまって見えたかなと。

あくまで根元が伸びてくるまでのごまかしではありますが

扱いやすさは絶対的に違うはずです。

一か月半くらいしてですが

お客様から

ご本人が満足していただけるのが

本当に一番です。

これからしっかりと綺麗な髪にしていくのには時間が少しかかりますが

ただ伸ばすだけでは長く感じるものですが

デザインを楽しみながら

次の髪型を楽しみにしながらだとアッという間にしっかりした髪になっているものです。

頑張りましょう

ではでは

ご相談、ご予約はLINEからお気軽にどうぞ

長さを伸ばしていきたい方はこちらの記事もご参考に

case3
さて今回のお客様はショートがとても跳ねてしまうお客様。

まずはBEFOREの状態を

クセを収めるために根元気味からすかれてしまっているので

少しのびてきてしまうとよりモリモリと

ボリュームがでて見えてしまって

扱いづらくなってしまっています。

今回の対策は?

まず本来のクセの部分

根元から梳きすぎて押し上げてしまっている

部分とを見極めます。

これがとても大切です。

本来のくせ部分は丸みが出るようにしっかり伸ばして

押し上げている部分はしたから押し上げてしまっている毛をプレスするようにしつつ

毛先は丸みをだして薬剤とアイロンの力で対応していきます

もちろんカットの仕方もかなり大切です

梳きすぎてうすくなってしまっているところを

しっかりとベースのカットで重みでラインを少し

感じるようにしっかりとしたフォルムにカットしていきます。

この時に大切なセニングの入れ方の工夫でかなり収まるようにもなります!!

さて完成は?

顔回りはフレーミングのカラーも入れて

少しけばけばと押し上げていた部分、

癖が暴れていた部分がおさまったかなと。

ご本人も満足していただけたみたいで良かったです。

やっぱり梳かれすぎの方のご来店で一番感じるのは

イヤな時間がずっと続いてしまうなら切ったり

直したりして気分をすっきりさせて笑顔になるのが一番悩みの

解決になるなということですね。

ご相談からお気軽にLINEにどうぞ。

他の梳かれすぎの記事はこちらも

case4
梳かれすぎをカットでまとめたいお客様

こんな感じにLINEでの

カウンセリングを事前にしてからの

ご来店です。

髪の何処の位置からすかれてしまっているのか?

まずは状態を確認させて頂きます。

場所によってセニングによるすきの入る位置も

根本だったり…

場所によっては根本からごっそりなくて

向こう側が透けてみえたり。

本人が扱いにくいというのはとてもわかりました。

お客様の髪を切る前に見たり触ったりする意味

基本的に美容師という仕事を

している以上、悪くしようとして施術を

している人はいないと思っています。

普通は前の施術した人のアプローチを

見て、意図というかこうしたかったというのを

汲み取った上で

ここがお客様の好みとちがったんだな

なんて情報を読み取っていたりします。

しかし、今回みたいな

長い髪の毛に対して根本からすく

という履歴は余程のことがない限りしないです。

というか

どうしたかったのだろうと

困惑してしまいます。

根本から削がれていた時の対処法

さてなかなか無いことではありますが

根本からすかれてしまっていた場合、

中途半端に少し切ったくらいでは

ほとんど何も変わらない

というのが正直な所です。

根本から削がれているところが

長さ生えそろうまで悲観的になるよりも

長さを少し詰めて

スタイルをショートにしたりと

スタイルを変えるの楽しんでもらいながら

良い状態になって行ってもらえたら

と思います。

なので

今回はバサッとボブくらいまでは

切らせて頂く事に。

髪の重なりで丸みをつくれないので

デジタルパーマで全体的に少し

ワンカールする様に曲げさせて

頂く方向でいきます。

それでは切って行きましょー。

そして完成は

この長さまで切らせてもらっても

まだスカスカとした感じはありますが

少しは扱いやすくなったかなと。

丸みがでると少し厚みを視覚的に

感じることもできるしかけて

良かったかなと。

少しずつ扱いやく、きれいにしていけたらなと

思います。

お客様からも嬉しいメッセージも頂いて

喜んでいただけて良かったです。

他の梳かれすぎてしまった方の記事もよかったら参考になさってください。

本当に梳かれすぎてしまった髪を伸ばしていくのはとても

時間を長くかけなくてはいけないので辛いものです。

伸ばすのにどのくらいかかるかはこちらの記事も

参考になさってくださいね。

Stylist

  • 今井 洋人