髪のお悩み 根本からすかれすぎた時の解決、対処法。どーして良いか分からないお客様。

さて今回はLINEから
新規のお客様

こんな感じにLINEでの

カウンセリングを事前にしてからの

ご来店です。

髪の何処の位置からすかれてしまっているのか?

まずは状態を確認させて頂きます。

場所によってセニングによるすきの入る位置も

根本だったり…

場所によっては根本からごっそりなくて

向こう側が透けてみえたり。

本人が扱いにくいというのはとてもわかりました。

お客様の髪を切る前に見たり触ったりする意味

基本的に美容師という仕事を

している以上、悪くしようとして施術を

している人はいないと思っています。

普通は前の施術した人のアプローチを

見て、意図というかこうしたかったというのを

汲み取った上で

ここがお客様の好みとちがったんだな

なんて情報を読み取っていたりします。

しかし、今回みたいな

長い髪の毛に対して根本からすく

という履歴は余程のことがない限りしないです。

というか

どうしたかったのだろうと

困惑してしまいます。

根本から削がれていた時の対処法

さてなかなか無いことではありますが

根本からすかれてしまっていた場合、

中途半端に少し切ったくらいでは

ほとんど何も変わらない

というのが正直な所です。

根本から削がれているところが

長さ生えそろうまで悲観的になるよりも

長さを少し詰めて

スタイルをショートにしたりと

スタイルを変えるの楽しんでもらいながら

良い状態になって行ってもらえたら

と思います。

なので

今回はバサッとボブくらいまでは

切らせて頂く事に。

髪の重なりで丸みをつくれないので

デジタルパーマで全体的に少し

ワンカールする様に曲げさせて

頂く方向でいきます。

それでは切って行きましょー。

そして完成は

この長さまで切らせてもらっても

まだスカスカとした感じはありますが

少しは扱いやすくなったかなと。

丸みがでると少し厚みを視覚的に

感じることもできるしかけて

良かったかなと。

少しずつ扱いやく、きれいにしていけたらなと

思います。

お客様からも嬉しいメッセージも頂いて

喜んでいただけて良かったです。

他の梳かれすぎてしまった方の記事もよかったら参考になさってください。

本当に梳かれすぎてしまった髪を伸ばしていくのはとても

時間を長くかけなくてはいけないので辛いものです。

伸ばすのにどのくらいかかるかはこちらの記事も

参考になさってくださいね。

Stylist

  • 今井 洋人